2020年11月28日

落ちない一枚の葉っぱ・・・と言う話


 そんな小説があったな~と思いながら。
 学校の演劇部がやっていたようないないような。。。

DSC01536.JPG

 倉庫の壁に上りあがっている蔦。
 もう数枚になってしまった。

 寒くなったので、一枚多く羽織って散歩に出かけたら、
 着ぶくれてしまって歩きにくい。
 気を付けないと転倒の原因になる。





posted by machii at 13:45| Comment(8) | ご近所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ばあばんさん
夏になると、緑濃いツタに覆われますよ。甲子園みたいに!!
Posted by machii at 2020年11月29日 11:02
kuromameさん
そちらは、紅葉も、もう散ってしまったでしょうね。
赤い太鼓橋の周りも、寂しくなっていることでしょう。
Posted by machii at 2020年11月29日 10:56
ba-baさん
これは、鉄道の貨物列車です。国鉄が民間になった時、払い下げられて、倉庫用に勝った人が多かったです。夏になると、覆うほどに広がっていますよ。
Posted by machii at 2020年11月29日 10:53
こんにちは。
この様に小屋や木々に絡んでいるツタを
こちらでも見かけます。
それらも真っ赤に紅葉してきれいさを見せてくれます。
この写真の構図、面白いですね。芸術的に見えます。
Posted by ばあばん at 2020年11月29日 10:12
昨日の事です。
運転中、一枚のイチョウの葉が、フロントガラスにピタリとくっつき、ダンスを始めました。
その間、10秒くらい・・。楽しかったです^-^
Posted by kuromame at 2020年11月29日 06:58
奇麗な色ですね🎵
消防車庫の屋根に絡んでいるのは蔦なのかな?
すごい絡みようなんですが。。
Posted by ba-ba at 2020年11月28日 19:39
ジョサさん
それ!それ!最後の一葉でしたね。
壁に葉っぱの絵を描くのですよね。
Posted by machii at 2020年11月28日 15:45
着ぶくれ、わかります(笑)
厚手のセーターにコート着たら、お相撲さんみたいになりましたわ、ワタクシも。。。

その物語は「最後の一葉」?とはまた違うのですかね?(^^♪
Posted by ジョサ at 2020年11月28日 15:25
コメントを書く
コチラをクリックしてください